キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

ぐるぐる企画 初日開催しました

福島の浪江で、犬や猫のお世話を続けている赤間徹さんの
応援にと募集した
手作り石鹸企画。

ご応募多数で、みなさんご希望の日も違ったもので、
2回に分けて開催することとなりました。

 

今日は、その第一弾。ポカポカ陽気のなか、
大人女子3名のご参加でした。

石鹸作りはみなさん初めてでしたが、終始笑いに溢れ、
とても楽しいひと時でした。

中でも、イランイランの香りにみなさん悩殺され、
精油を回しっこして溜息もらしておりました。

あ、ちなみにイランイランはエキゾチックで官能的な香りの代表です。

みなさま、日常に官能が不足しがちだったのでしょーか(^^

 

香りの効果実感しただけでは足らず、とうとう、化粧水まで作って

お持ち帰りになりましたよ〜。
ヒアルロン酸とアロエベラ入りの「超しっとり高級化粧水」でございます。
香りはなんと、イランイランエクストラクト・ゼラニウムブルボン。

夜にシューっとひと吹きして目をつぶれば、

貴女はもう、社交界の華に💖ああ〜、うっとり!!

 

もちろん、こんな話ばかりして盛り上がっていたわけではございませぬ。

保護っ子や保護活動に理解と熱意のある方々ばかりでしたから…

たとえば、ペットショップにいる子犬子猫の実態や、彼らがどういう環境で
育てられ連れてこられるのか、そういう話の普及をしても、聞いてくれた方たちが、
結局ペットショップから迎えてしまう。そういう時の悲しい気持ちや、
どうしたら上手く伝えられるだろうか…そんなことを、熱く語り合いました。

 

保護猫カフェミーシス(関内にある最古参の猫カフェ)のオーナーのNさんもいらしてくれたので、
経験に裏打ちされた説得力のあるご意見と飾らぬお人柄ゆえの本音トークに、
みなおおいに賛同したりもして。

 

こうして楽しく、美しくーー、優雅な香りに包まれる時間を持ちながら、
それが貢献(寄付という形を通して)にもなる。

 

この企画は不定期開催にはなりますが、今後も続けていきたいと思います。

 

来週月曜日は、午前午後の部にわけて、5名の参加を予定しています。

本日開催の分は、材料費を頂戴いたしますが、5日は全額ご寄付にお回しします。

 

ペンデュラムの友人から預かったチラシも、みなさんに配布しました。

その文章より抜粋いたします。

赤間さんが、現地に残ることを決意した時のことが記されています。

 

「東日本大震災の発災2日後から、個人(私 赤間徹)で運営しているペットシエルターです。
あの日、逃げ惑う人々の車は道を埋め尽くし、通常20分の距離に4時間を要しました。
行政が急遽バスを手配し、人々は車も荷物も捨ててバスに移動。その時、
泣く泣く手放した犬や猫。私はその直後の光景を見てしまいました。
114号線を歩くたくさんの犬たち、大型犬から極小のチワワまで、全く争うことなく、
整然と群れをなして、淡々と町に向かって歩いていました。飼い主に手放された犬たちは、
純粋に家に戻ろうとしていたのです。人がいなくなった町に」

 

自分が同じ状況になったらと、想像してみます。
キャリーに入れて連れて来た愛しい犬や猫を、泣く泣く放つ。
それしか術がなかったら、捨てていかねばならない状況になったら…

自分の身に重ね合わせただけで、身を引き裂かれるほどの悲しみで
いっぱいになりますね。

 

https://ideanews.jp/archives/14646

活動を紹介しているアドレスです。

ご寄付の送り先も、最下段に載っています。

 

********************************************************

 

初めての方でも、楽しく石鹸作りが出来ます💖

 

 

それぞれ選んだOPや香りで、世界に一つしかない

オリジナル石鹸が作れます〜!

 

イランイランエクストラクトの香りに悩殺されています💖

 

 

 

  • 2018.03.02 Friday
  • 20:40