キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

🐾アニマルコミュニケーションができるようになりたい!🐾

毎年、夏休みになるとなぜか、

「アニマルコミュニケーションができるようになりたい」

「アニマルコミュニケーターになりたい」

「どこに習いに行ったらいいですか?」

というメールをいただきます。

ちなみに私は、過去も現在も、

「アニマルコミュニケーション講座」を開いたことはありません(^^;)

でも、そんな私にもなぜか、そういう質問が来るのです。

 

会ったこともお話ししたこともない方のこの質問にお答えするのは、

すごく難しいことを、先ずご理解ください。

 

なぜか?と言うと、料理に例えたたら…

質問者が、どこまで料理ができるのか?それによって、

アドバイスできることが全然違ってきます。

シチューを作りますと言って、パパっとできる方と、

野菜の切り方を知らない方との違いと言えば、わかりやすいでしょうか。

 

そして、アニマルコミュ二ケ―ションをできるようになりたいと、

アニマルコミュニケーターになりたいは、必ずしもイコール(=)ではありません。

アニマルコミュニケーションは、講座なり学校なりに行って練習すれば、
どなたでもできるようになります。できないという方のご相談も多いので、
これについては、後で記します。

 

先に、アニマルコミュニケーターに関して…

 

コミュニケーターに限らず、カウンセラーでも他の職業でもいいのですが、

「〇〇ター」と名乗るには、仕事にならないと意味がありません。

規模の大小はそれぞれでも、クライアントさんがいて、代金をいただき、
プロとして活動できることが必要になります。

 

その前提でお話しすると、日本の現状で、アニマルコミュニケーターとしてやっていくのは、
中々厳しい道と言えるでしょう。

 

その理由は、広く認知されていない仕事と言うことが一番です。

いくらリーデイング自体の能力があっても、宣伝力・企画力・
営業能力がないと、難しい。

それは自分がアニマルコミュニケーターだと、どうやって
知ってもらうかが大事になるからです。

 

とくにOL生活や主婦が長い方は、組織の中で組織が決めた方針に従って働くことや、
家庭という枠の中で自分の能力を使うことに、今まで力を注いできています。

それがいきなり、「1人商店、フリーでどうぞ」と言われても、…
どうやっていけばいいのか、途方にくれてしまいますよね。

 

アニマルコミュニケーションを習ってできるようになったら、そ
れで即!アニマルコミュニケーターではないということです。

むしろ、そこからが、ようやくスタートとなるわけです。

「なにがなんでもどうぶつの声を届けたい!」という情熱か、
人の前に出るのが得意、社交的、営業能力やセンスに長けている。

そういうことが、必要になってくるのです。

 

ここからは、どこに習いに行ったらいいか?を記します。

 

これはもう複数の講座や学校を比較して、ご自分でピンとくる所に行くのが一番良いと思います。
先ほども記したように、その方の今の意識の状態がどういう感じなのか私にはわからないので、
どこが合っているとは言えない、言いようがありません。

 

今までの経験から私信をいえば、日本人に教わるのが一番と思います。

相談者が英語を、日常会話レベルでできるなら海外のコミュニケーターでも

良いと思いますが、日本語しかできない私のような人だとしたら、なおさらです。

どうぶつが喋ったことを、外人のコミュニケーターが訳す→
それをまた通訳があなた訳すと、
2人の人間が介在することになります。

人間ですから、微妙なニュアンスや、訳す際の言葉の選び方も違ってきます。

 

どうぶつの気持ちを汲むなら、できるだけ人を介さない方が、
正確にストレートに伝えられます。

それプラス、宗教感や死生観が大きく違っている場合がおおうにしてあります。

闘病や終末医療に関する相談は、とても多いものです。

神様の元にという考えで、安楽死をいとわない死生観と、

日本人の死生観は違います。

お別れの仕方で後悔が残ると、深刻なペットロスになることも多いので、

すごく大事となります。

 

海外のコミュニケーターに教わる場合は、そういう点のギャップをフォローしてくれるのか
(あるいは日本人の先生もいて、フォローがあるのか)は確かめることをお勧めします。

海外の有名なコミュニケーターに習ったからと言って、あなたに力がつくわけではありません。

むしろ、雲の上の人みたいな存在で、質問するのもままならない感じなら、

母国語で、丁寧に教えてくれるコミュニケーターを選んだ方が賢明です。

特に初めて習うなら、なおさらですね。

 

習ったけれど、できないについて…

 

できないと言う方は、以下の点をご自分でチエックしてみてください。

 

   自分には霊感がないからできない

 霊感などなくともできます。「そもそも、霊感とは何ですか?」と聞いても、

みなさん、正確には答えられません。

テレビなどのマスメディアから得た情報で、幽霊を見る人、
そういう能力のある人と思い込んで、決めつけてしまっているのです。

ちなみに私はそういう類のものをほぼ見ませんが、普通にアニマルコミュニケーションはできます。
そして、私と同じようなアニマルコミュニケーターさんは、いっぱいいます。

 

要は、必要な時だけ、必要なエネルギー(対象の動物に)コンタクトできればいいのです。

 

詳しい説明はここでは省きますが、ご自分の中で、
「これは誰にでも元々ある力で、できないのは単に使ってこなかったからだ」
と認識しないと、できるようには中々なりません。

「私は英語ができない!」と思い込んでいる人と、
「通じないかもだけど、取りあえず喋ってみよう!と思える人では、
結果はまったく違ってくるのと同じです。

頭でわかっているだけでは、ダメです。自分の意識の中にそれを浸透させないと…

 

   自己評価が低い人

 日本人特有の自己謙遜型もこの中に入ります。

「私なんて」、「私の言うことは間違っているかも」という気持ちが強い人は、

受け取った情報が顕在意識(表面の意識)に上がって来る前、潜在意識の段階で、

「こんな答えは間違っているかも」的に、跳ねてしまうことが多いのです。

 

どんなに突拍子もない情報を受け取ったとしても、それを人の前で言えることが
すごく大事になってきます。

 

   練習していますか?

 これは先ほど記した「霊感」にも当てはまるのですが、みなさん習ってすぐ

なにかそういう能力が拓けて、バンバン受け取れると思っている節があります。

 

もともとエネルギーの世界(可視化できない世界)に関わっていて下地がある方なら、
そういうこともありますが、多くの人は、練習がとても大事です。

 

英語だって通訳になりたかったら、英語漬けで何年もかかるはずです。

アニマルコミュケ―ションも、語学の勉強と全く同じなのです。

繰り返し練習をすることによって、最初は細い回路だったものが

ドンドン太くなり、強固になっていきます。

 

何回かやってみてできないからと言って、「私には霊感がないわ」と諦めないでいただきたいと思います。

 そういう私は、学校卒業後すぐに諦めてしまって、2年くらいブランクがありました💦
ちなみに、「私にはできない」という思い込み型でした。

 
なので後半部分は、自戒をこめて書いてみました。

 

アニマルコミ二ケ―ションが出来るようになりたい方は、ご自分ができるようになったら、
どうぞ、有効なツールであることを回りの方に広めてください。

 

アニマルコミュニケーターなりたい方は、どうか、諦めないでください。

どんなツールも万能ではありませんが、再三書いているように、これだけ社会が複雑になった今、
動物の気持ちを個別で聞いてあげることは、必須と言っても

過言ではありません。

 

私はこの仕事を始めたのは、50歳を過ぎてからです。カウンセリングや
人生経験が大事な部分を占める仕事ですから、年齢がいっていて不利と言うことはありません。
むしろ、今までの苦労や失敗が糧となる仕事です。

 

気持ちを通訳してもらうことで救われる動物は、たくさん、たくさんいるのです。
「知れて良かった」と思ってくれる飼い主さんも、いっぱいいます。

 

だからどうぞ、諦めずに頑張ってください🐶😻🐓🐇🐢

 

 

 

 

  • 2019.08.16 Friday
  • 21:04